Identity Manager - Keyrock

FIWARE Security Support badge

Keyrock は、ID 管理を担当する FIWARE コンポーネントです。Keyrockを PEP ProxyAuthzforce などの他のセキュリティ・コンポーネントと組み合わせて使用すると、 OAuth 2 ベースの認証および認可のセキュリティをサービスやアプリケーションに 追加できます。

このプロジェクトは FIWARE の一部です。詳しくは、 FIWARE Catalog の セキュリティの の項目を確認してください。

バックグラウンド

Keyrock 内の主な ID 管理の概念は次のとおりです :

  • ユーザ (Users) :

    • Keyrock に登録アカウントを持っています

    • 組織を管理し、アプリケーションを登録できます

  • 組織 (Organizations) :

    • アプリケーションのリソースを共有するユーザのグループです (ロールと権限)

    • ユーザはメンバまたは所有者になることができます (組織を管理します)

  • アプリケーション (Applications) :

    • OAuth 2.0 アーキテクチャにおけるクライアントの役割を持ち、 保護されたユーザ・データをリクエストします

    • アプリケーションを明確に識別する Oauth 認証情報 (ID とシークレット) を使用してユーザを認証できます

    • ユーザと組織の認可を管理するためのロールとパーミッションを定義します

    • バックエンドを保護するために Pep Proxy を登録できます

    • IoT Agents を登録できます

Keyrock は GUI と API インターフェースの両方を提供します。

使用法

Keyrock GUI の使用方法に関する情報は ユーザ&プログラマ・マニュアル にあります。

API

リソースは、API を通じて管理することができます。例えば、ユーザ、 アプリケーションおよび組織です。詳細情報は API のセクションにあります。

最後に、この Generic Enabler の主な用途の1つは、開発者が FIWARE ID に基づいてアプリケーションに ID 管理 (認証と認可) を追加できるように することです。これは、OAuth2 プロトコルにより 実現されています。詳細については、OAuth2 API を確認してください。

7.x で導入された変更

7.x で導入された最大の変更点は、Identity Manager が Openstack コンポーネントの Keystone と Horizon に依存しなくなったことです。 今は、完全に Node JS で実装されています。 その他の注目すべき変更は :

  • 他のデータベースに対する認証をデフォルトのものとは異なるものにするために ドライバが実装されました

  • Web ポータルの外観は設定可能なテーマで簡単に変更できます

  • 組織に属するアプリケーションを作成するためにユーザがセッションを 切り替える必要がなくなりました

  • アプリケーションのパーミッションを編集または削除することができます。 パーミッションは正規表現として定義できます

  • IdM は、サービスと eDIAS ノードとの間のゲートウェイとしての役割を果たし、 ユーザが自分の国内 eID で認証できるようにすることができます

  • OAuth Refresh Token がサポートされています

  • OAuth Token タイプの設定 (永久トークン (Permanent tokens) と Json Web Tokens)

  • OAuth Revoke Token エンドポイントの有効化

  • 国際化対応 UI (スペイン語、日本語、英語をサポート)

  • ユーザ管理パネル

  • OAuth Token 検証用の信頼できるアプリケーション (Trusted application)

  • IdM は基本認可の PDP としての役割を果たすことができます

  • 完全なサインアウト。Keyrock だけでなくサービスでもセッションを削除します

  • 欧州の eIDAS インフラストラクチャを通じた電子 ID (eID) を使用した認証

  • データ使用制御ポリシー (Data Usage Control Policies)