アプリケーションを eIDAS サービス・プロバイダとして登録

IdM が eID 認証をサポートするように設定されると、登録済みアプリケーションは この種の認証を個別に有効にできます。

次の図に示すように、登録プロセス中に新しいチェック・ボックスが表示されます :

図3 : アプリケーション登録で eIDAS を有効化

その後、登録プロセスの新しいステップが含まれます。この新しいステップでは、 eIDAS ノードに登録されているサービス・プロバイダに関するデータを入力する 必要があります。

図4 : eIDAS サービス・プロバイダのデータ

アプリケーションが登録されると、サービス・プロバイダのメタデータはエンドポイント http://idm-host/idm/applications/*application-id*/saml2/metadata に公開されます。このメタデータ・ファイルは、サービス・プロバイダを eIDAS ノードに登録するために必要です。

Note: It is very important to register the Service Provider in the eIDAS node following the specific instructions of the node owner. This instructions depends on the Member State where the node is deployed. Testing nodes can be deployed following the instructions provided by the EC. 注 : ノード所有者の特定の指示に従ってサービス・プロバイダを eIDAS ノードに 登録することは非常に重要です。このインストラクションは、ノードがデプロイ されているメンバの状態によって異なります。 テストノードは EC によって提供されるインストラクション に従ってデプロイ開することができます。