イントロダクション

FIWARE IdM は、RFC 6749 に記述されている OAuth2 標準に準拠しており、そこに定義されている4つのグラント・タイプ (Grant Types) すべてをサポートしています。

このセクションでは、OAuth2.0 プロトコルと、さまざまな グラント・タイプを 使用してアクセス・トークンを生成する方法について説明します。また、トークンの 検証方法と失効方法、および Json Web トークンまたは期限切れのないトークンの 生成方法についても説明します。